障害者支援施設 ゆたか苑の現場のホンネ│マイナビ福祉・介護のシゴト

障害者支援施設 ゆたか苑現場のホンネ

深谷 朋広勤務年数:1年4カ月
生活支援員 / 正職員  

通所利用者様の介助(入浴、排せつなど)

障害者支援施設 ゆたか苑はどんな雰囲気の職場ですか?

ゆたか苑は、勤続年数の長い職員が多く、利用者支援を中心に事務業務など分からないことがあれば、皆さん優しく教えてくれます。また、職員間でも連携が取りやすく、働き甲斐のある職場ですし、自分がやりたいことを後押ししてくれる環境下でもあります。

1日の仕事の流れを教えてください。

出勤後、利用者様の受け入れ準備をします。お席の準備、活動で使用する物品など準備します。その後、利用者様のお宅まで送迎に行きます。送迎から施設に戻ったら、看護師がバイタルのチェックをした後、入浴です。入浴は、寝て入るタイプの寝浴と座って入るタイプの座浴があり、利用者様の障がいやその日の体調に合わせて入浴の介助を行います。入浴後は、水分を摂って頂いて一休みしてから昼食の準備になります。厨房で調理されたものをお盆に配膳し、利用者様へお配りし、介助が必要な方に対して食事介助を行います。昼の休憩後は、職員ミーティングがあり、その後、午後の活動になります。午後の活動では運動系の活動や文化系の活動があり利用者様と一緒に活動に参加します。ティータイムでは、利用者様の希望される飲み物を提供しています。連絡帳にその日の出来事やご家族様への連絡事項などを記載し、帰り支度をして、帰りの送迎に入ります。

どのような方と働きたいですか?

利用者様に対して、真摯に向き合うことができ、周りを見る力、視野が広い方です。とは言っても、なかなか最初からできる人間は少ないと思うので、「明るく・元気」これさえあれば、福祉の仕事が未経験の方でも大丈夫です。一緒に働きましょう!!

今後の目標は何ですか?

可能な範囲での資格取得を目指していきたいと思っています。また、資格を生かした支援などに努め、キャリアアップも視野に入れて働いていきたいと思っています。