フロム千束の現場のホンネ│マイナビ福祉・介護のシゴト

フロム千束現場のホンネ

F.K勤務年数:3年
生活支援員 / 正職員  

生活施設での支援業務

働くうえで大切にしていることは何ですか?

今は、福祉ホーム(身体障がい者GH)で勤務しています。利用者とのかかわりで最近楽しく感じているのは、利用者との何気ない日常会話です。入職してすぐは、もちろん、たくさんお話をするのはとても難しかったです。少しずつ話せることが増えてきて最近では余暇の時間によくお話をしています。
ある日私が飼っている犬の話になりました。すると利用者の一人が「久保さんちのワンちゃんは久保さんのこと、なんて呼ぶの?」と聞いてきました。その質問が面白くて私が笑っていると、利用者も質問のおかしさに気づき「ワン!」って呼ぶんだよ」と答えると周りにいた方々も私たちの会話のおかしさに笑っていました。
何気ない会話の中に、利用者との距離感が縮んだ感じがあり、私はその場の一員になれた気がした出来事でした。まだまだ学ぶべきことも多いですが、頑張っていこうと日々思っています。

働くうえで大切にしていることは何ですか?

私は学生時代、幼児保育を学んでいました。実習で障害者福祉施設に行き、そこで利用者と一緒に作業をしたり、利用者の屈託のない笑顔とストレートな感情表現に心打たれ、この仕事をしたいと考えるようになりました。
ボランティアで「台東つばさ福祉会」に行ったとき、利用者がアルゼンチンのアーティストと一緒にレース編みを行っている様子を見ました。他にも外部とのかかわりが多いと聞き、利用者が楽しめる環境を作っているのだと感じ決めました。入職した今も外部とのかかわりが多いと感じています。着物を着るイベント、小学校への訪問など、利用者が楽しんでいる姿を見て、こちらもうれしく思います。