パール代官山の現場のホンネ│マイナビ福祉・介護のシゴト

パール代官山現場のホンネ

渡部 紀子勤務年数:3年7か月(令和2年12月現在)
介護職員 / 正職員  

介護職員としてご利用者に寄り添いながら生活全般を支援しています。

介護職として働くようになったきっかけは?

全く違う業種で働いていましたが、30歳を迎える年に転職を考えました。自分は何が好きで何が嫌いか、自分には何ができるか、など自己分析を徹底的に行いました。その中で、学生時代に少し興味があった「介護」という業種がとても気になり、勇気を出して踏み込んだのがきっかけです。

働いていて喜びを感じる事はどんなことですか?

認知症の方でも寝たきりの方でも「ありがとう」と言葉で伝えて下さるとき、純粋にうれしい気持ちになります。
また、ご利用者ひとりひとりと丁寧に向き合うことで少しずつ心を開いてくれる時に喜びを感じます。目には見えませんが、信頼関係が結ばれていく事を感じられる仕事です!

パール代官山は、どんなところですか?

「お互い様」という気持ちでフォローできる仲間が沢山いると思います。経験が浅ければしっかりと指導して下さる先輩や看護師さんがいるので、ひとりで悩むことなく心強い気持ちで業務に取り組めます。また、気づきや発見などを共有し合い、ご利用者の笑顔やその人らしさをみんなで大切にしているところだと思います。

メッセージ

介護の仕事は、本当に好きでないと出来ない!と思っていました。それでも、ほんの少し興味を持って足を踏み入れたことで介護に対する先入観が払拭されました。大変な仕事ですが、思っていた以上の幸福感と充実感を味わうことができる仕事だと思います。少しでも興味を持ったら一歩踏み出してみてください。
この仕事は楽しいです。