ヘルパーステーションおおさきの現場のホンネ(山中 武さん)│【マイナビ福祉・介護のシゴト】介護求人・転職情報

ヘルパーステーションおおさき現場のホンネ(山中 武さん)

山中 武勤務年数:6年6か月
ヘルパー(訪問系) / 正職員  

法人本部の管理職として人事・広報を担う。ヘルパーステーションおおさきの行動援護従事者を兼務。

ヘルパー(訪問系)として働くようになったきっかけは?

島内では、重度の障がい者の方の移動支援が以前より課題になっていました。大崎福祉会としてご利用者からの要望を受け止め、ヘルパーステーションおおさきにて「行動援護」のサービスを開始しました。
私は行動援護従事者の第1号として、法人や地域の専門職と連携しながら、この新事業を少しずつ前進させてきました。

現在では島内の複数の方が利用する、なくてはならない事業に発展しています。

今後の目標は何ですか?

まだまだ行動援護従事者は、島内の需要と比較して不足しています。
採用~人事育成の流れを強化して、障がいのある方が安心して過ごせる地域福祉を実現したいと考えています。