社会福祉法人京都福祉サービス協会西京事務所の現場のホンネ(山口洋子さん)│【マイナビ福祉・介護のシゴト】介護求人・転職情報

社会福祉法人京都福祉サービス協会西京事務所現場のホンネ(山口洋子さん)

山口洋子勤務年数:22年
ヘルパー(訪問系) / パート・アルバイト  

訪問介護員(ホームヘルパー)

ヘルパーになる前はどのような仕事をしていましたか?

独身時代は保育士、協会ヘルパーの数年前は、老健施設で、入浴介助のボランティアと頚椎損傷の方の介護人をしており、その時、協会の方との出会いがあり、組織の中で働く利点を考え、現在に至ります。入浴介助・介護人の経験も、現在のヘルパー訪問には、とても役立っております。

ヘルパーになって良かったことは何ですか?

同じ思いを持って働くたくさんの仲間・職員と出会えました。仕事面での繋がりは勿論ですが、それ以外の絆も深くなりました。それが、逆に、仕事面を後押し仕合っているという良い関係が築けてきたと思います。又たくさんのご利用者様との出会いと別れ、ご家族様との出会いも人生において貴重な経験となり、長く続けてこられた原動力の一つです。

京都福祉サービス協会で働くことの魅力は何だと思いますか?

協会では、研修が充実しており、介護学習・実技もしっかり学べ、支援の意義を踏まえて、働くことができます。新規で慣れない時は、事務所のサポートによる同行があるので、自信をつけ、その後の訪問に繋げられます。又事務所内でも個別に実技指導ができ、安心して働くことができます。

もう一つ協会は、休みが取りやすいです。普段より事務所職員とヘルパーの繋がりが強いと思います。サポート面・仲間意識が高く、安心して休みが取れます。逆に、他の方が休みの時、自分が頑張ろうという思いも出てくる良い職場の雰囲気も魅力の一つです。

ヘルパーの仕事を考えている人へのメッセージをお願いします。

ヘルパーという仕事をしていると言うと、「そんな仕事私には無理。絶対嫌や。ようやってるな。えらいな。」という言葉をかけられます。えらいとか思ったことはありませんが、人が生きていく上で、事故・病気・加齢等により、出来なくなったり、少し手伝うことで、気持ちよく生活ができるようになったり、又自立へと繋がったりすることがあります。普段していることに、意識を持って学習実践していくことで、自分のため、人のためにもなる仕事です。ご利用者様からは、良いこと、そうでないことを学び、自分に重ねてひと回り大きな、人、ヘルパーになれると思います。協会は、皆で助け合って働ける安心な職場です。あなたもチャレンジして下さい。お待ちしてまーす。

求人情報