特別養護老人ホーム 椿寿の介護職員の求人│マイナビ福祉・介護のシゴト

特別養護老人ホーム 椿寿 介護職員の求人

掲載期間:2021/01/19 ~ 2022/01/13

特別養護老人ホーム

未経験・ブランクのある方歓迎☆初めての方にはフロアスタッフが丁寧に指導します!

掲載期間:2021/01/19 ~ 2022/01/13

職種

職種

介護職員

雇用形態

正職員

給与

月給

243,200円 ~ 321,000

通勤

勤務地

〒241-0001

神奈川県 横浜市旭区 上白根町792-4

時間

時間

1日8時間、週40時間(シフト制)
(1)07:30~16:30
(2)08:30~17:30
(3)11:00~20:00
(4)16:30~10:30(実働15時間)
(5)21:00~07:00
※一ヶ月単位の変形労働時間制(週平均40時間以内)

特徴

日勤のみ可、残業ほぼなし

椿寿
椿寿
椿寿
椿寿
椿寿
椿寿
椿寿

仕事の内容

【業務内容】
・身体介護(食事・排泄・入浴・衛生管理・環境整備等)
・レクリエーションや趣味活動のサポート
・自立に必要な生活訓練の支援
・外出の際の付き添い
・生活や介護内容についての記録・報告
・看護師や相談員といった他職種との連携
・シーツ取替え、清掃 など

給与・手当て

給与

年収400万円以上可能

月給

243,200円 ~ 321,000

(基本給 184,200円 ~ 250,000円)

・資格手当 介護福祉士15,000円、実務者研修5,000円、初任者研修3,000円
・夜勤手当:48,000円(12,000円×一律4回※超過分別途支給)
・準夜勤手当:8,000円(4,000円×一律2回※超過分別途支給)
※基本給は経験等によって考慮いたします。

昇給

あり(年1回(4月) 2020年度実績)

賞与

あり(年2回(6月・12月支給)4.4か月分※2020年度実績)

諸手当

通勤手当住宅手当資格手当役職手当扶養手当

・資格手当:介護福祉士 15,000円/ヘルパー1級 実務者研修5,000円/ヘルパー2級 初任者研修3,000円
・夜勤手当:12,000円
・準夜勤手当:4,000円
・扶養手当(同居・細則有):
配偶者 13,500円/
18歳未満の子 5,500円/
65歳以上の父母 3,000円
・年末年始手当:日勤1,000円・夜勤2,000円
・住宅手当(本人名義賃貸に限る):10,000円

働きかた

勤務日数・時間

日勤のみ可残業ほぼなし

4週7休
シフト制(年間休日109日)

1日8時間、週40時間(シフト制)
(1)07:30~16:30
(2)08:30~17:30
(3)11:00~20:00
(4)16:30~10:30(実働15時間)
(5)21:00~07:00
※一ヶ月単位の変形労働時間制(週平均40時間以内)

休日・休暇

休日:シフト制
休暇:有給休暇・リフレッシュ休暇・特別休暇・育児介護休暇

待遇・福利厚生

社会保険完備資格取得支援食事補助研修制度退職金制服貸与介護休職制度実績あり

試用期間あり(給与変動なし)

応募情報

応募要件

必要資格

介護福祉士,介護職員実務者研修(旧ヘルパー1級/基礎研修),介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)

介護福祉士、実務者研修、初任者研修等の介護系資格をお持ちの方

募集人数

2

応募方法

まずは、マイナビ福祉・介護のシゴト「応募する」ボタンよりエントリーをお願いいたします。

採用プロセス

施設見学
体験実習
採用試験:筆記(一般教養・作文)・面接

面接地

神奈川県横浜市旭区上白根町792-4

施設情報

アクセス

通勤手段

自転車通勤可、バイク通勤可、車通勤可

電車

①JR横浜線 中山駅 から相鉄バスにて15分
②相鉄本線 鶴ヶ峰駅 から相鉄バスにて17分

バス

中山駅:相鉄バス「上白根入口」バス停より徒歩5分               鶴ヶ峰駅:相鉄バス「四季の森小学校」バス停より徒歩7分

「ららぽーと横浜」より車で10分

法人情報

法人名 社会福祉法人偕恵園
本社 神奈川県横浜市旭区上白根町783番地
従業員数 60名
上場 無し
事業内容 当法人は、昭和43年に知的障害者入所施設「偕恵学園」を設置運営する法人として、現在の横浜市旭区に設立し、偕恵学園を核として通所部門やグループホーム等を開所してきました。
以来、旭区を中心に保土ケ谷区、緑区で事業を展開し、おかげさまで平成30年に創立50周年を迎えることができました。

この間、平成3年には「偕恵いわまワークス」を開所。
ここは、知的障害者と身体障害者が一緒に協力しながら作業をするという、全国的にも先駆的な施設でした。横浜市岩間市民プラザとの複合施設であり、地域の交流拠点としても貢献しています。

平成17年には特別養護老人ホーム「椿寿」を開所し、これまでの法人のノウハウを生かして、知的障害の方も入所できる高齢者福祉施設としました。
また、平成21年には横浜市つたのは学園の横浜市指定管理を受託し、その後再受託しています。

そして、平成29年に、個室化・ユニット化による入所ケアと地域生活を支える拠点を目指して、入所施設「偕恵」と通所施設「偕恵シグナル」の施設再整備を行いました。
現在障害系グループホーム21か所、公益事業として「ともしびショップ」「ふれあいショップ」を2か所運営しています。

さて、今、私たち福祉業界は、人口減少や少子高齢化を背景に、人材不足という厳しい環境の中にいます。
偕恵園は半世紀を終えて、新たな50年に向けて、すでにスタートを切りました。
これからの歴史と伝統をともに築いていく新しい仲間と出会えることを楽しみにしています。