千原厚生園の生活支援員の求人│マイナビ福祉・介護のシゴト

千原厚生園 生活支援員の求人

掲載期間:2021/03/30 ~ 2022/03/24

障がい者福祉関連

【入所施設支援員/パート/日勤】利用者さんの安心を守る!そんなあなたをお待ちしてます!

掲載期間:2021/03/30 ~ 2022/03/24

職種

職種

生活支援員

雇用形態

パート・アルバイト

給与

時給

930円 ~ 930

通勤

勤務地

〒290-0166

千葉県 市原市 犬成651

時間

時間

7時00分~18時30分の間で4~8時間の勤務
※就業時間についてはご相談ください! 
 ご相談いただければできる限り希望に沿った内容にします!あなたの働くを支えます!

外観
内観その1
内観その2
職員その1
職員その2

仕事の内容

知的に障害をお持ちの方への日中活動支援から生活面までの支援をお願いします。
#生活支援 #サポート #働くが#楽しい! #利用者さんとの#煎餅づくり
1.作業支援
(1)活動支援班
   農耕班(畑作業)
   受注班(テープの芯抜き等の内職作業)
   リサイクル班(缶等のリサイクル作業)
(2)自立支援班
   創作活動(創作、散歩)
   リハビリ活動(散歩、ドライブ)
2.余暇支援
土日の余暇外出、グループ外出、一泊旅行等
3.生活支援
基本的生活習慣の習得などを行っています。
4.食事・入浴・健康管理支援
利用者の健康維持増進を図りながら、質の高い生活を送ることが出来るよう配慮しています。

給与・手当て

給与

時給

930円 ~ 930

時給930円

昇給

あり(昇給金額
1時間あたり10円~(前年度実績)
昇給時期
非常勤職員給与規定に則る)

賞与

なし

モデル

モデル月収例
a、時給930円
b、処遇改善手当120円
その他、通勤手当12,500円
(a+b)×4時間×3日勤務/週=12,600円/週
12,600円×4/月=50,400円/月

諸手当

通勤手当

通勤手当:自家用車通勤12,500円/月(上限)
給食手当:施設の給食を利用時に給食費を半額補助(なので給食おすすめです!)
賞与支給月に寸志程度の手当支給あります!

働きかた

勤務日数・時間

週3日勤務可土日祝のみ勤務可

週3日勤務
土曜日・日曜日勤務可能な方歓迎!

7時00分~18時30分の間で4~8時間の勤務
※就業時間についてはご相談ください! 
 ご相談いただければできる限り希望に沿った内容にします!あなたの働くを支えます!

休日・休暇

4週8休以上

・シフト制勤務で4週8休以上
・休日:土曜日、日曜日、その他
 ※行事等により土曜日勤務の場合有(年2~3回)
・年末年始休暇有り(12/29~1/3)※年度により変動可能性有
・有給休暇は雇用開始月より付与有

待遇・福利厚生

社会保険完備社員登用あり転居を伴う転勤なし産休・育休制度実績あり介護休職制度実績あり

試用期間あり(給与変動なし)
社会保険完備(雇用保険、労働災害保険)
育児・介護休業制度:有(この看護休暇を含む)※復職実績あります。
社員登用:有(過去3年以内実績:1名)

応募情報

応募要件

未経験可ブランク可主婦(主夫)が活躍中

必要資格

普通自動車第一種運転免許

高等学校卒業以上、要普通自動車免許(AT限定免許可)
※経験は問いません。人柄を重視します。 法人職員として採用となります。

募集人数

3

応募方法

まずは、マイナビ福祉・介護のシゴト「応募する」ボタンよりエントリーをお願いいたします。

採用プロセス

書 類 選 考
   ↓
  面 接
   ↓
  内 定

面接地

千葉県市原市犬成651

施設情報

アクセス

通勤手段

自転車通勤可、バイク通勤可、車通勤可

電車

①JR内房線 浜野駅 バスで31分

バス

JR内房線浜野駅より小湊鐵道バス(ロングウッドステーション行)に乗車。「犬成火の見下(バス停)」下車徒歩3分

京葉道路/館山自動車道「市原IC」より車で約20分

法人情報

法人名 社会福祉法人九曜会
本社 千葉県市原市犬成650番地
従業員数 135名
上場 無し
事業内容 社会福祉法人九曜会は、障碍者総合支援法に基づき、生活介護事業・施設入所支援・共同生活援助事業の運営をしております。
日々の生活では「ともに生きる」ということをテーマに、知的に障害をお持ちの方の暮らしの向上を目的に、支援を行っています。
「福祉」が身近になりつつありますが、知的障碍者の社会からの理解は、依然として、特別な人といった解釈が根強い状況と言えます。
施設の中は閉鎖的になりがちですが、九曜会の今後の事業展開は、地域や社会に目を向けた活動を取り入れていきたいと考えています。
その一つとして、地域小学校との交流や地域住民の方と触れ合う機会のある福祉ショップの経営を行っております。
いずれ社会に出る子供たちに、障害を持った人、あるいは施設を理解してもらえれば、近い将来、障害者に対する偏見のない社会が実現するものと信じております。
今後、施設を利用している本人にも地域生活支援事業(グループホーム)の支援や地域の福祉拠点としての役割を担い、地域福祉、在宅福祉の向上に努めて参りたいと考えています。
施設は、「公民館」ととらえて、多くの人たちが集う場所と考えていますので、一度、施設まで足を運んでいただければ幸いです。