ねむの木学園星に祈る│マイナビ福祉・介護のシゴト

ねむの木学園星に祈る

障がい者福祉関連
社会福祉法人ねむの木福祉会
静岡県 掛川市
JR東海 JR東海道本線(熱海~浜松) 掛川駅 JR東海道線「掛川駅」北口より掛川バスサービス「ねむの木美術館」行きバスで約20分(事前に運行時刻を確認して下さい)。またはタクシーで約20分。
オープンクラス(ねむの木学園やさしいお家・星に祈る併設の「特別支援学校ねむの木」教室)
高等部 織機のへや(ねむの木学園やさしいお家・星に祈る併設の「特別支援学校ねむの木」教室)
中庭(ねむの木学園やさしいお家・星に祈る)
こどもたちのお部屋(ねむの木学園やさしいお家・星に祈る)
食堂(ねむの木学園やさしいお家・星に祈る)
お風呂場(ねむの木学園やさしいお家・星に祈る)

一日一日を大切に。心身に障害を持つこどもたち・大人の方々と共に歩んでくださる方を求めています。 まずは現場を見に来てください!エントリーお待ちしています!

ねむの木学園は、宮城まり子が「障害をもったこどもたちに教育の場を」という願いの下、1968年静岡県小笠郡浜岡町(現御前崎市)に当初8人のこどもたちを迎え入れて開設したお家です。
「すべてのこどもたちに可能性がある」との信念に基づき、その隠れた才能を見出し、ひとりひとりの個性を尊重した教育を行うとともに、豊かな感性と情感あふれる人間性の育成に努めています。絵画・音楽・ダンス・茶道など芸術性を重視した特色ある教育、生活支援と学校教育との一本化、豊かな自然環境の下での養育、そして、こどもたちのためにありったけの愛と忍耐をもって尽くす宮城の命がけの働きかけは、数多くの優れた成果に結びつきました。
「だめな子なんかひとりもいない」これは創設者宮城まり子の叫び続けている言葉です。
すべての人々に対し、その能力を生かし、人として正しい生活を送ることができるようにするのが福祉ならば、福祉は文化であり、文化は福祉にあると信じます。
1999年5月、健康な人も障害をもつ人も互いに助け合いながら共に生活できる福祉・教育の村を目指して、静岡県掛川市に「ねむの木村」を立ち上げ、開村式をあげました。
心身に障害をもち、家庭的にも養育困難な環境のこどもたちのお家である「ねむの木学園やさしいお家」・「ねむの木学園星に祈る」と、同じく心身に障害をもち、家庭的にも受け入れ困難な大人の方々のお家である「ねむの木学園感謝の心」に加え、すでに、吉行淳之介文学館・ねむの木子ども美術館・こどもたちの実習室としての喫茶店・毛糸屋さん・がらす屋さん・雑貨屋さんなどができあがっています。
資格がなくても大丈夫です。福祉の分野に関心をお持ちの方なら、どなたでも応募の資格があります。まずは、あなたのやる気からすべてがはじまります。
一緒に、この誇りある現場を支えていただける方にお会いできることを楽しみにしております。

施設情報

施設名 ねむの木学園星に祈る
所在地 〒436-0221
静岡県 掛川市 上垂木2979−1
アクセス

電車

JR東海 JR東海道本線(熱海~浜松) 掛川駅 JR東海道線「掛川駅」北口より掛川バスサービス「ねむの木美術館」行きバスで約20分(事前に運行時刻を確認して下さい)。またはタクシーで約20分。

バス

掛川バスサービス「ねむの木学園前(バス停)」より徒歩2分。

■東名高速「掛川IC」より車で約20分。国道1号線、掛川バイパスの「大池IC」又は「西郷IC]から約15分(「ねむの木村」の標識に従って進んで下さい)。■第二東名高速「森・掛川IC」より車で約15分。

従業員数 37名
サービス形態 障がい者福祉関連
法人名 社会福祉法人ねむの木福祉会