社会福祉法人湖北会 湖北まこも│マイナビ福祉・介護のシゴト

社会福祉法人湖北会 湖北まこも

障がい者福祉関連
社会福祉法人湖北会
滋賀県 長浜市
JR西日本 JR北陸本線(米原~金沢) 長浜駅 駅より車で15分

四季折々の移ろいを感じながら、滋賀県下で一番新しい施設で一緒に働きませんか? 新規の職員さんには、メンター制度を採り入れ、先輩職員が丁寧に指導教育いたします。

湖北まこもは、東に伊吹山を望み、西には琵琶湖が一望できる自然に恵まれた場所に位置している施設です。
春は、桜と新田を渡る風。夏は、ビオトープの蓮の花。秋は、豊作を伝える黄金の穂の波とびわ湖を彩る夕焼け。冬は、大空を進む渡り鳥の群れと雪景色。
四季折々の風景を楽しみながら、職員も含めてゆったりと毎日を過ごしています。
開設は、昭和58年4月、法人湖北会の誕生のきっかけとなった施設です。
平成20年4月に施設名を「湖北寮」から「湖北まこも」へ変更。
令和3年3月に生活環境の改善を図った新しい施設に移ることが出来ました。
新施設は、個室で4~10人のユニット構成された居住棟。日中、利用者さんが活動される作業棟。その間に管理棟を配置し、職住分離を図っています。
居住棟(1階男性、2階女性)では、「おかえり」「いってらっしゃい」(15時~翌9時)までの間、早出4名、遅出4名、準夜4名、夜勤4名の職員が交代しながら、利用者さんへ安心安全の生活を提供するために支援(朝食・夕食・入浴・その他の介護)を行っています。
作業棟では、「おはよう」(9時過ぎ)の出迎えから、その日の活動が始まります。リサイクル活動、軽作業、昼食、創作活動などなどのメニュー提供を8名以上の職員が担当し、「その人らしく働きたい、遊びたい」の実現をサポートしています。
その他は月に2、3度の外出行事や年1回の旅行、また所内での様々な催しが利用者さんの元気の源となっています。
 また湖北まこもでは、短期入所室を6部屋設置し、地域の住まいされている方の受入れを実施し、地域での「その人らしく暮らしたい」を支えるセーフティーネットの役割を担っています。

施設情報

施設名 社会福祉法人湖北会 湖北まこも
所在地 〒529-0367
滋賀県 長浜市 湖北町海老江1073
アクセス

電車

JR西日本 JR北陸本線(米原~金沢) 長浜駅 駅より車で15分

車通勤可、駐車場有

従業員数 40名
サービス形態 障がい者福祉関連
法人名 社会福祉法人湖北会