マイナビ福祉・介護のシゴト
【見本あり】介護職の職務経歴書の書き方とは?ポイントや困ったときの対処法も紹介

【見本あり】介護職の職務経歴書の書き方とは?ポイントや困ったときの対処法も紹介

[2023年10月更新]介護業界の転職活動では、必ず職務経歴書の提出が必要になるわけではありませんが、提出を求められた際には自分の職歴や業務内容を分かりやすく簡潔にまとめる必要があります。職務経歴書のポイントや書き方、困ったときの対処法を紹介します。 【執筆者:ささえるラボ編集部/専門家:大庭 欣二】


目次

【見本あり】介護職の職務経歴書の書き方とは?ポイントや困ったときの対処法も紹介

【見本あり】介護職の職務経歴書の書き方とは?ポイントや困ったときの対処法も紹介

執筆者

ささえるラボ編集部

https://mynavi-kaigo.jp/media/users/3

ささえるラボ編集部です。 福祉・介護の仕事にたずさわるみなさまに役立つ情報をお届けします! 「マイナビ福祉・介護のシゴト」が運営しています。

介護業界の転職活動では、必ず職務経歴書の提出が必要になるわけではありませんが、提出を求められた際には自分の職歴や業務内容を分かりやすく簡潔にまとめる必要があります。
また提出が特別求められない場合でも、職務経歴書を用意しておくと、採用担当者とのコミュニケーションが円滑に進み、相互理解がしやすくなり、転職活動のしやすさに繋がるでしょう。

初めて職務経歴書を作成する人は不安に思うかもしれませんが、書くべきことはある程度決まっているので、コツさえ押さえれば比較的簡単に書くことができます。経歴を振り返ることは、自己分析にも繋がり将来の働き方を考えるきっかけや転職活動の面接対策にもなります。

今回は、職務経歴書のポイントや書き方、困ったときの対処法を、サンプルを示しながら紹介します。これを機に、これまでの職務をしっかりまとめご自身のキャリアと向き合ってみてはいかがでしょうか。

\あなたにぴったりの求人が見つかる/
「介護職員」の求人を見る

そもそも、職務経歴書とは?

介護職の職務経歴書サンプル

職務経歴書とは、上のサンプルのように、求職者のこれまでの経歴や職務を一覧できるように記載した書類のことです。採用担当者は職務経歴書の内容で、求職者の経験レベルや能力を判断するのです。

職務経歴書にはこの形式でなくてはならない、という決まりはありません。しかし、だからといって、伝えたい内容を思いつくままに並べればよいというものでもありません。多くの応募書類を見る採用担当者にとっては、論理的な構成で簡潔に書かれた職務経歴書が好印象です。

また入職後にこんなはずではなかったと、求職者も採用側もミスマッチを起こさないように、具体的にわかりやすくまとめることで、お互いの理解のすり合わせがしやすくなるでしょう。採用試験を受けている業種や職種や業務内容に活かせる経験やスキルを優先的に記載すると、よりわかりやすくなるでしょう。

履歴書との違いは?

履歴書では、職歴としてどこで何年間働いたということや保有資格はわかりますが、具体的にどのような職場で、どのような業務内容をしていたのかまではわかりません。
またその業務がどの程度のレベルなのかやその成果なども履歴書からは読み取れないでしょう。

いわば、履歴書は求職者のプロフィール・自己紹介で、職務経歴書はいままでの業務経験やスキルを確認するための書類と捉えるといいでしょう。

職務経歴書の主な書式

職務経歴書の書式には、主に編年体式、キャリア式の2種があります。

編年体式

職務経歴を時系列に記入します。直近の経歴を強調したいときは、時系列を逆に記入する方法もあります。これを逆編年体式といいます。

キャリア式

業務や職種ごとにまとめるのがキャリア式です。勤務先の名称や規模、職員数、勤務期間などを正確に記入します。業務内容はわかりやすく箇条書きで書くのがポイントです。配属先、配属期間、実際の業務内容をまとめ、自分は何ができるのかをアピールします。複数の業種で職務経験を積んだ人にはアピールしやすい書式です。

それぞれの特徴を理解して、自分に合った書式で作成しましょう。より一般的なのは、サンプルのような編年体式(時系列)の職務経歴書です。

職務経歴書作成のポイント

では、採用担当者から見てわかりやすく好印象な職務経歴書を作成するためには、どんなことに気をつければよいのでしょうか。介護職に転職する場合の職務経歴書作成のポイントを紹介します。

A4判の用紙2枚以内におさめるのが基本

職務経歴書は、A4の用紙1枚か、職歴が長くても2枚におさまるようにまとめましょう。3枚以上になると余計な情報が増えて読みにくくなり、採用担当者に負担がかかります。また、要点をまとめる能力に欠けると見られ、採用で不利になる可能性もあります。必要な情報のみに絞って書くことが大切です。

PCで作成したほうが便利

応募先の事業所から特に指定がなければ、職務経歴書は手書きでもパソコン入力でも、どちらでもかまいません。ただ、パソコンで作成しておくと、加筆や修正がしやすく、後から何度でもプリントできて便利です。近年は、介護職でも介護記録や報告書の作成にパソコンを使うことがあるため、パソコンの操作スキルのアピールにもなります。

応募先に合わせた内容にアレンジする

職務経歴書は、ただ職務を事実通りに並べる書類ではなく、自分のスキルをアピールして採用につなげるための書類です。一度パソコンで作っておけば使い回しできますが、その場合は応募する事業所に合わせて内容をアレンジすることが大切です。

たとえば同じサービス形態の介護事業所でも、チームの一員としての介護職を求めているのか、チームリーダーを求めているのかでは、アピールすべき内容が変わってきます。事業所案内や募集要項をしっかり読み込み、応募先の事業所がどのような状況でどのような人材を求めているかを想像して、よりマッチする内容にしましょう。

資格や免許の情報は正確に書く

資格の名称は省略せず、正式名称で書きましょう。法律の改正で名称が変わっているものは、取得時の名称を書くようにします。取得見込みや勉強中のものがあれば、それらも記入します。資格があることで採用時に有利になるうえ、入職後に資格手当が支払われることもあります。

業務内容を具体的に記述する

採用担当者は、応募者がこれまでどのような環境でどのような仕事に従事し、どのような成果をあげたのかを詳細に知るために職務経歴書を見ます。担当者の頭のなかにイメージが浮かぶように、できる限り具体的な情報を書くことが大切です。

以前も介護事業所に勤務していた場合は、その事業所の利用者数や従業員数、利用者の要介護度、イベントの企画を担当した回数などの数字を盛り込むと、担当者が応募者の経験や能力レベルを判断しやすくなります。

人柄・コミュニケーション能力をアピールする

介護職は、現場で高齢者を直接ケアする仕事であり、医療や福祉のさまざまな専門職とチームになってケアにあたります。利用者とのコミュニケーションはもちろん、スタッフ間の円滑な意思疎通や情報共有も大切です。

そのため採用では、実務経験やスキル以上に、人柄やコミュニケーション能力が重視される傾向があります。これまでの経歴のなかで、顧客や利用者に喜ばれたエピソードやコミュニケーションの取り方で工夫した経験があれば、実績欄や自己PR欄などに記載しましょう。

たとえば入所当初は無口で他の人ともコミュニケーションを取りたがらなかった利用者が少しずつ会話を楽しむようになった、家族から利用者が活き活きしているので安心していると声をかけられたといったエピソードは、ひとつの成果といえます。介護業界が未経験の人は、前職での経験をコミュニケーションの向上という切り口で整理して書くこともできます。

大変だった経験は前向きに表現する

退職理由などでこれまでに経験した業務で苦労したことや大変だった経験に触れる場合は、単なる前職の悪口と受け取られないように、表現に注意しましょう。たとえば、自分が困難をどう乗り越えたか、その経験がどのように次のステップへの動機につながったのかを述べて、自分のやる気や人柄をアピールする方向につなげるとよいでしょう。

職務経歴書の書き方(編年体式の場合)

ここからは、最も一般的な編年体式の職務経歴書の書き方を、項目別に詳しく見ていきましょう。

タイトル・日付・氏名

職務経歴書のタイトル・日付・氏名

タイトルは「職務経歴書」とし、記載した年月日と氏名を記入します。西暦、元号のどちらでもOKですが、職務経歴書内ではどちらかに統一しましょう。

氏名は必ず戸籍に登録されている名前を書きます。旧漢字で登録されている場合は登録されているまま旧漢字で氏名を書くのが基本です。また、仕事では旧姓を使いたい場合は、履歴書や職務経歴書には戸籍に登録されている名前を書いて、面接の際に担当者に希望を伝えるか、履歴書の備考欄に書いておきましょう。

経歴概略

マイナビ福祉・介護のシゴト 閲覧ランキング
【北海道・東北】
【関東】
【北陸・東海・甲信越】
【関西】
【中四国・九州・沖縄】

この記事のライター

ささえるラボ編集部です。
福祉・介護の仕事にたずさわるみなさまに役立つ情報をお届けします!

「マイナビ福祉・介護のシゴト」が運営しています。

関連するキーワード


介護職の転職 職務経歴書

関連する投稿


人間関係の悩みで退職。こんな私が介護職として復帰しても大丈夫?

人間関係の悩みで退職。こんな私が介護職として復帰しても大丈夫?

人間関係の悩みで一度は辞めた介護職。こんな自分が介護職として再度、復帰しても大丈夫なのでしょうか?ー 介護職の方のお悩みに専門家がお答えします。 【執筆者:羽吹 さゆり】


介護職の資格手当はどのくらいが相場?社労士が解説します!

介護職の資格手当はどのくらいが相場?社労士が解説します!

処遇改善以外にも、介護職の給与を増やすうえで、重要になる資格手当。これらの相場はどのくらいなのでしょうか?しかし、手当が高いからという理由だけで、よい職場と判断するのも危険です。法人から支給される給与がどのように決められているのかを理解することで、自分に合う職場が見つかる視点になるでしょう。【執筆者:社労士/山本 武尊】


退職交渉を上手く切り抜けるには?法律や就業規則を確認しよう

退職交渉を上手く切り抜けるには?法律や就業規則を確認しよう

転職先が決まった後、退職交渉には心理的な負担が伴います。会社とトラブルにならないための退職交渉の切り抜け方や、引き留めにあったときの説得方法についても解説します。


自己都合退職と会社都合退職の違いは?失業給付や、社会保険料・住民税のことを知っておこう

自己都合退職と会社都合退職の違いは?失業給付や、社会保険料・住民税のことを知っておこう

退職を考えている介護職の皆さんが、自分にあった職場を探し、前向きに転職活動をすることができるように退職後の失業給付や、社会保険料・住民税の納付についてまとめてみました。


給料アップのために転職すべき?給料だけで転職を決めるのは危険?解説します

給料アップのために転職すべき?給料だけで転職を決めるのは危険?解説します

「給料を上げたいから」と言う理由で転職する介護職は多いでしょう。では、給料を上げるには本当に転職するのがベストな選択なのでしょうか?今の職場でもできる給料アップのポイントや、転職の際に気を付けるべきことを解説します。(執筆者:後藤 晴紀)


最新の投稿


第100話 マイさんの目標/ほっこり介護マンガ

第100話 マイさんの目標/ほっこり介護マンガ

「介護職員・並木マイの ほっこり成長日記 ~転職して、介護の仕事はじめました~」 保険会社から介護の仕事に転職した、並木マイさん(31歳)の成長と 介護現場のあるあるを描く、ほっこり癒し系マンガ! 休憩時間、このマンガを読んだあなたが クスっと笑えてちょっと癒され、ほっこりした気持ちになれますように。


認知症の人向けのレクリエーション26選! 効果や押さえておきたいポイントも解説

認知症の人向けのレクリエーション26選! 効果や押さえておきたいポイントも解説

レクリエーションは認知症の人にも好影響をもたらしますが、実施する際には認知症の人に適した内容を考える必要があります。認知症の人へのレクリエーションの効果や押さえたいポイント、具体的なレクリエーションのアイデアを紹介します。 【執筆者:ささえるラボ編集部】


第99話 なぜ知っている!?/ほっこり介護マンガ

第99話 なぜ知っている!?/ほっこり介護マンガ

「介護職員・並木マイの ほっこり成長日記 ~転職して、介護の仕事はじめました~」 保険会社から介護の仕事に転職した、並木マイさん(31歳)の成長と 介護現場のあるあるを描く、ほっこり癒し系マンガ! 休憩時間、このマンガを読んだあなたが クスっと笑えてちょっと癒され、ほっこりした気持ちになれますように。


【介護職の転職】仕事に慣れなくて辛いときはウィルビーイングを意識しよう

【介護職の転職】仕事に慣れなくて辛いときはウィルビーイングを意識しよう

介護福祉業界で働く方は優しい方が多いゆえ、我慢をし続けたり、相手の幸せのために自己犠牲をしたりする方も多いのではないでしょうか。対象者の「幸せ」はもちろんですが、ご自身の「幸せ」についてもしっかりと向き合い「ウェルビーイング」な働き方を意識しましょう。【執筆者:大庭 欣二】


第98話 入浴介助/ほっこり介護マンガ

第98話 入浴介助/ほっこり介護マンガ

「介護職員・並木マイの ほっこり成長日記 ~転職して、介護の仕事はじめました~」 保険会社から介護の仕事に転職した、並木マイさん(31歳)の成長と 介護現場のあるあるを描く、ほっこり癒し系マンガ! 休憩時間、このマンガを読んだあなたが クスっと笑えてちょっと癒され、ほっこりした気持ちになれますように。


マイナビ福祉・介護のシゴト
「マイナビ福祉・介護のシゴト」は、福祉・介護職に特化した中途、パート向け求人サイトです。
介護職をはじめ、福祉・介護業界に関連する職種の求人を掲載しています。
本当に自分にあった施設や事業所を、ご自身で手軽に探すことができるよう職場の雰囲気がリアルに伝わる情報を用意することで、適切なマッチングを実現していきます。
【職種から求人・転職情報を探す】