マイナビ福祉・介護のシゴト
高齢者・介護レクリエーション30選!座ったままできる簡単な脳トレ・テーブルゲーム・体操を紹介

高齢者・介護レクリエーション30選!座ったままできる簡単な脳トレ・テーブルゲーム・体操を紹介

介護施設で実施されるレクリエーションには、利用者を楽しませ、身体機能を維持するという目的があります。レクリエーションの目的や種類、注意点といった基礎知識とともに、簡単にできる脳トレ・ゲーム・体操の具体例を紹介します。(コラム:後藤晴紀)


目次

高齢者・介護レクリエーション30選!簡単な脳トレ・テーブルゲーム・体操を紹介

高齢者・介護レクリエーション30選!簡単な脳トレ・テーブルゲーム・体操を紹介

高齢者介護施設では、さまざまなレクリエーションが実施されています。レクリエーションは、利用者にとって楽しみであるだけでなく、脳や体の機能を維持する効果もあり、介護施設では欠かせない業務の一つです。ただ、実際に介護職として働いていると、レクリエーションの企画が思い浮かばなかったり、思ったように利用者に楽しんでもらえなかったりして悩むこともあるようです。

そこで今回は、レクリエーションの目的や種類、盛り上げるコツ、実施するときの注意点といった基礎知識について解説します。あわせて、室内でできる脳トレやゲームの具体例も紹介します。

この記事もチェック!

冬におすすめのレク4選 座ってできる&寒くても大丈夫なものを紹介 | ささえるラボ

https://mynavi-kaigo.jp/media/articles/937

寒くて外出するのをためらいがちな冬、屋内で、座ってできるおススメレクを紹介します!(後藤 晴紀)

\あなたにぴったりの求人が見つかる/
「介護職員」の求人を見る

レクリエーションとは?

レクリエーションとは、仕事や勉強の疲れを癒し、心身をリフレッシュさせるための休養や娯楽のことです。一般的には、余暇の楽しみのために行われるゲームやスポーツ、芸術鑑賞などの幅広い活動を指します。高齢者向けの介護施設では、利用者の体の状態や興味に合わせたレクリエーションを実施しています。

レクリエーションが実施される頻度や内容は、施設の種類や事業所によって異なります。例えば通所介護施設(デイサービス)は、利用者の機能訓練が主な目的なので、毎日のように何らかのレクリエーションが行われます。その種類は、ゲームやクイズ、体操、手芸、工作など多岐にわたります。

主に要介護度の高い高齢者が入居する特別養護老人ホーム(特養)では、簡単な脳トレ、車椅子やイスに座ったままでできる体操や手遊びが中心です。一方、自分で動ける元気な高齢者が入居する自立型の有料老人ホームでは、介護予防体操や音楽演奏のほか、将棋、囲碁、茶道のような利用者がこれまで趣味として親しんできた活動が多くなる傾向があります。

介護職が利用者の自宅を訪ねて身体介護や生活援助をする訪問介護では、基本的にはレクリエーションを行うことはありません。

この記事の最初に戻る

レクリエーションの目的

レクリエーションを行うことは、利用者に多くのメリットをもたらします。介護施設がレクリエーションを実施する主な目的を紹介します。

1. 楽しみ・生きがいになる

利用者を楽しませることは、レクリエーションの重要な目的です。体を動かしたり笑ったり、仲間と交流したりしてレクリエーションを心から楽しめば、気分転換やストレス発散になります。レクリエーションへの参加が利用者にとって生きがいになれば理想的です。ただし、そうなるには、介護職の創意工夫や配慮が欠かせません。

2. コミュニケーションが増える

他の利用者や介護職とコミュニケーションを取ることも、レクリエーションの目的の一つです。グループや大人数でいっしょにレクリエーションをすると、言葉を交わす頻度が自然に増えます。ゲームによってはチームワークが必要なものもあります。レクリエーションを通じてコミュニケーションが活性化すれば、施設全体のムードもよくなるでしょう。

3. 身体機能を維持・向上させる

年 齢を重ねて体力が低下してくると、おのずと出歩いたり体を動かしたりする機会が減り、運動量が不足しがちになります。運動量が少なくなるほど全身の筋力が低下し、フレイル(身体機能が低下した状態)や寝たきりになるリスクが高まります。

体操や体を動かすゲームのレクリエーションで適度に体を動かせば、筋力低下を防いで身体機能を維持・向上させることにつながります。

4. 脳を活性化させる

脳トレ系のゲーム、折り紙や工作のような指先を使うレクリエーションを行うと、脳が刺激されて活性化されるため、脳機能の維持につながるという側面もあります。認知症の予防効果も期待できます。

5. 生活リズムを整える

レクリエーションで体を動かし、脳を刺激すると、適度な疲労感を得ることができます。その結果、食欲が増進し、夜も熟睡しやすくなり、生活リズムが規則正しくなるというメリットがあります。

この記事の最初に戻る
\あなたにぴったりの求人が見つかる/
「介護職員」の求人を見る

7種類のレクリエーション

7種類のレクリエーション

介護施設で実施されている高齢者向けのレクリエーションは、いくつかのジャンルに分けることができます。主なレクリエーションの種類を7つ紹介します。

1. 脳トレレクリエーション

脳は、記憶や思考、創造、言語の理解、読み書き、計算など、さまざまな役割を担っています。そうした脳の持つ力を高めて、機能低下を防ぐトレーニングを「脳トレ」と呼びます。もともとはゲームソフトの略称として知られるようになった言葉ですが、今は広く脳の活性化を目的としたゲームやアクティビティを指して使われています。

代表的な脳トレレクリエーションは、クイズやパズル、伝言ゲームや連想ゲームといった定番ゲームです。テーブルゲームやホワイトボードゲームも脳トレの一種といえます。脳トレ系のゲームをすると、脳の中でも日常生活だけでは使わない部分が刺激され、認知機能の維持や改善につながる可能性があります。どんな介護施設でも欠かせないレクリエーションのジャンルです。

2. 運動・体操レクリエーション

体操や簡単な競技など、体を動かす要素のあるレクリエーションです。どの介護施設でも、身体機能の維持・向上のために、利用者が楽しみながら無理なく体を動かせるレクリエーションを取り入れています。なかには、脳トレの要素と運動の要素を兼ね備えたレクリエーションもあります。

3. 手遊びレクリエーション

折り紙やお手玉などの手を使う遊びや手指を使った体操は、手や指の機能を維持し、脳にも刺激を与えることができるレクリエーションです。要介護度が高く、全身を動かすレクリエーションが難しい利用者でも、座ったままでできるのが特徴です。

4. 創作レクリエーション

俳句や短歌、アート制作、工作、手芸といったクリエイティブな要素を含むレクリエーションです。簡単な料理や塗り絵なども創作レクリエーションといえるでしょう。脳を刺激するという点では脳トレと同じですが、創作系では同時に手や指先も動かす場面が多いため、身体機能の低下を防ぐ効果も期待できます。

5. 音楽レクリエーション

介護施設では、音楽を楽しむレクリエーションも定番です。利用者自身が楽器を演奏したり歌を歌ったりするほか、外部からミュージシャンを招いてライブ演奏を鑑賞する場合もあります。音楽を使ったレクリエーションは、利用者の感情を動かして脳を活性化させ、精神の安定や癒しをもたらしてくれます。

6. 外出レクリエーション

利用者の要介護度にもよりますが、近隣への散歩や買い物といった外出をレクリエーションとして企画する施設も少なくありません。散歩は運動不足解消や身体機能の維持に効果的ですし、スーパーなどで買い物をするレクリーションには、生活機能の訓練という一面もあります。そのほか、保育園や幼稚園のイベント訪問やお祭り見物をする例もあるようです。

特別養護老人ホーム(特養)や有料老人ホームなどの入居型の介護施設では、お花見や紅葉狩り、コンサート、水族館、温泉地に出かけることもあります。通所介護施設(デイサービス)では、基本的には、機能訓練を目的とした近隣への外出しか認められていません。お花見や温泉のような遠方への外出は娯楽目的と見なされるうえ、時間の大半を施設の外で過ごすことになり、通所介護サービスの範囲外となってしまうためです。

7. 回想レクリエーション

1960年代のアメリカの精神科医であるロバート・バトラー氏によって提唱された心理療法「回想法」をもとにしたレクリエーションです。基本的な方法は、過去の写真や映像、音楽などを手がかりに、利用者に昔の記憶を思い出して話してもらうというものです。

回想して聞き手に伝わるように自分の言葉で話すことで、脳が活性化するだけでなく、精神が安定し、不安や孤独感が和らぐといわれています。近年は、特に認知症予防の目的でレクリエーションとして取り入れられるようになってきました。認知症の高齢者は、新しい記憶を覚えておくことはできなくても昔の記憶は鮮やかに残っていることが多く、回想法を用いると、いきいきとした情緒や自分の人生に対する自信を取り戻せる場合があります。

マイナビ福祉・介護のシゴト 閲覧ランキング
【北海道・東北】
【関東】
【北陸・東海・甲信越】
【関西】
【中四国・九州・沖縄】

この記事のライター

ささえるラボ編集部です。
「マイナビ福祉・介護のシゴト」が運営しています。
福祉・介護の仕事にたずさわるみなさまに役立つ情報をお届けします!

関連する投稿


高齢者向け、レクで使えるおすすめ脳トレ4選!

高齢者向け、レクで使えるおすすめ脳トレ4選!

毎日のレクリエーション、ネタが尽きた…とお困りの方は多いのではないでしょうか?この記事では、高齢者向け介護レクリエーションにおすすめな脳トレを4つご紹介します!


83話 カバンの行方

83話 カバンの行方

「介護職員・並木マイの ほっこり成長日記 ~転職して、介護の仕事はじめました~」 保険会社から介護の仕事に転職した、並木マイさん(31歳)の成長と 介護現場のあるあるを描く、ほっこり癒し系マンガ! 休憩時間、このマンガを読んだあなたが クスっと笑えてちょっと癒され、ほっこりした気持ちになれますように。


看取りケアとは?介護職の関わり方と、ターミナルケア・緩和ケアとの違い、介護職に求められる役割を解説!

看取りケアとは?介護職の関わり方と、ターミナルケア・緩和ケアとの違い、介護職に求められる役割を解説!

看取り介護で大切なこと・看取りを通じて学んだこと、利用者さんの通夜に行くかどうか等についても解説します。自分らしい最期を迎えたいというニーズの高まりや超高齢化が進む社会状況を背景に、施設での看取りが増え、看取りケアの必要性が高まっています。看取りとは何か?から現状と背景、介護職の役割など、看取りケアについて知っておきたい基礎知識を紹介します。簡単な研修にも活用いただけます。【コラム: 大庭 欣二 伊藤浩一】


大寒波!高齢者に忍び寄る冬の危険と、その対策とは

大寒波!高齢者に忍び寄る冬の危険と、その対策とは

今年(2023年)もラニーニャ現象により、例年より寒い冬となるようです。高齢者にとって様々なリスクが潜む季節に注意すべきことを、基本的なことから、自宅で特に気を付けるべきこと、高齢者施設で特に気を付けるべきことを紹介します。


資格が無くても働ける、福祉・介護に関連した仕事5選

資格が無くても働ける、福祉・介護に関連した仕事5選

資格が必要と思われがちな介護や福祉の仕事。実は資格が無くても、働ける職種がたくさんあります。介護の資格(介護福祉士や介護職員初任者研修)などが無くても働ける職種を5つ紹介します。【大庭欣二】


最新の投稿


ヘルパーがやってはいけないこと一覧 5つの判断方法と、具体的な断り方も

ヘルパーがやってはいけないこと一覧 5つの判断方法と、具体的な断り方も

利用者からのよくある依頼と断り方、やってはいけない理由も解説します。ヘルパーがやっていいことと、やってはいけないことは?「介護保険として」なのか、「倫理的に」なのかを最初に分けて考えましょう。【回答者:脇 健仁】


高齢者向け、レクで使えるおすすめ脳トレ4選!

高齢者向け、レクで使えるおすすめ脳トレ4選!

毎日のレクリエーション、ネタが尽きた…とお困りの方は多いのではないでしょうか?この記事では、高齢者向け介護レクリエーションにおすすめな脳トレを4つご紹介します!


【まとめ】第35回介護福祉士国家試験 対策問題

【まとめ】第35回介護福祉士国家試験 対策問題

第35回介護福祉士国家試験 対策問題をまとめました。一緒に力試し&テスト対策で合格を目指しましょう!


第35回介護福祉士国家試験 対策問題(総合問題)12

第35回介護福祉士国家試験 対策問題(総合問題)12

第35回介護福祉士国家試験の対策問題です! 一緒に力試し&テスト対策で合格を目指しましょう!


83話 カバンの行方

83話 カバンの行方

「介護職員・並木マイの ほっこり成長日記 ~転職して、介護の仕事はじめました~」 保険会社から介護の仕事に転職した、並木マイさん(31歳)の成長と 介護現場のあるあるを描く、ほっこり癒し系マンガ! 休憩時間、このマンガを読んだあなたが クスっと笑えてちょっと癒され、ほっこりした気持ちになれますように。


マイナビ福祉・介護のシゴト
「マイナビ福祉・介護のシゴト」は、福祉・介護職に特化した中途、パート向け求人サイトです。
介護職をはじめ、福祉・介護業界に関連する職種の求人を掲載しています。
本当に自分にあった施設や事業所を、ご自身で手軽に探すことができるよう職場の雰囲気がリアルに伝わる情報を用意することで、適切なマッチングを実現していきます。
【職種から求人・転職情報を探す】